厄介な顎関節症は顎が外れてしまう!手術で完全完治を目指そう

厄介な歯周病の問題

白い歯

高齢になれば多くの人が歯を失ってしまうものですが、歯を失くしてしまった原因は虫歯によるものだけではありません。原因の多くを占めるのは、歯肉を炎症させて歯を抜けさせる歯周病なのです。歯周病は歯の歯周ポケットと呼ばれる場所に歯周病菌が入り込み、繁殖されることで発症します。歯周ポケットは歯と歯ぐきの間にあるスペースであり、普段の歯磨きではこの歯周ポケットにブラシが届かないため、キレイに洗浄することはできません。そのため毎日歯磨きを行なっている人でも気づかない内に発症し、歯を失うことになるのです。歯周病は虫歯のように強い痛みによる自覚症状は現れません。主な自覚症状は、歯ぐきの腫れや歯磨きをした際の痛みです。自分の歯にこのような症状が見られた場合は、三田市の歯科で診察を受けるとよいでしょう。

三田市の歯科では、歯周病治療のために歯周ポケットへの洗浄を行ないます。普段の歯磨きでは取れない歯周ポケットの汚れを取り除き、歯周病菌の殺菌を行なうことで、歯周病の症状を改善することができます。また、歯周病の症状が重い場合、三田市の歯科では歯ぐきの炎症を抑える薬剤の処方を行ないます。歯周病による歯ぐきの腫れは、放置すると歯ぐきの後退が現れます。歯を支える歯ぐきが後退すると、歯のぐらつきが現れ、抜けてしまうリスクが高まります。三田市の歯科はこの歯ぐきの後退をもたらす炎症を薬剤で鎮め、適切な歯周病治療を行なってくれます。