厄介な顎関節症は顎が外れてしまう!手術で完全完治を目指そう

妊娠中も治療が受けられる

歯型

近年注意が必要といわれているのが、妊婦さんの虫歯の問題です。妊娠するとホルモンバランスの乱れるため、体に抵抗力が低くなることで虫歯に罹るリスクが高まります。また、つわりによる嘔吐で歯が溶かされる酸蝕歯も虫歯を引き起こす原因となるため、注意が必要となるでしょう。虫歯は生まれた子どもにも伝染するといわれているので、もしも妊娠中に虫歯に罹ってしまった場合は、難波の歯科で治療を受けるとよいでしょう。ほかにも、妊婦中に気をつけるべき歯のトラブルといえば、歯周病が挙げられます。妊婦さんが中度から重度の歯周病に罹っていた場合、生まれた子どもが低体重児となる場合や早産となるリスクが高まるため、問題となるのです。妊娠が発覚した場合は、産婦人科へ行くついでに難波などにある歯科で診察を受け、虫歯や歯周病がないか調べてみましょう。

妊娠中に虫歯の治療を行なうとなると、多くの人が気になるのが、麻酔薬の影響です。歯科での治療を始め、手術などの医療行為を行なう際に麻酔薬は使われます。しかし、この麻酔薬は人体へ大きな負担を掛けるものであるため、胎児にも何かしら悪影響が及ぼされるのでは、と不安を覚える女性も多いでしょう。難波の歯科では、胎児に影響が与えられない量を調節し、麻酔を使用します。部分麻酔であれば、カートリッジの一本から二本程度で胎児に影響が及ぼされることはありません。お腹の子どもに負担を与えることはないので、安心して難波の歯科で出産前に治療を受けましょう。